コマコレクター “パラコアタイプ2”

株式会社ジズコ

テレビュートップ

お問い合せ



ナグラー
アル・ナグラー

私はハイスクールの頃、自作ニュートン反射で天体観測を楽しんだものです。ナグラーアイピースは諸収差を取り除くことにより、広視界、フラットフィールドを実現しましたが、放物面鏡のコマ収差は未解決でした。そこで、放物面鏡でも、より完全なフラットフィールドを実現したいと考え、ダブレット(2枚合わせレンズ)を2枚使ったパラコアを設計しました。視野全域にわたって色収差補正を完全に行い、あらゆるニュートン反射で、コマ補正とフラットフィールドを実現します。


パラコアタイプ2はパラボラ主鏡を持つ望遠鏡(ニュートン反射・ドブソニアン)のために設計された、今までにない眼視、撮影用コマコレクターです。

パラコア誕生のいきさつ、など

コマ収差は、視野の周辺に近づくにつれ、星像が彗星のように放射状の尾を引くもので、主鏡のF値が小さいほど、長焦点のアイピースを使うほど影響が大きくなります。パラコア2は、色収差、球面収差を加えることなく、F3からF8のパラボラ主鏡のコマ収差を補正します。視野全体がスィートスポットなので、焦点を合わせるのも簡単です。また、拡大効果を 1.15倍に抑えたことで広視界を確保しました。



アイピースについての重要な注意事項

《パラコアタイプ2は、パラボラ主鏡をもつ望遠鏡のコマ収差を確実に補正します。
             ただし、アイピースの非点収差を補正することはできません。》

テレビューアイピースは視野周辺まで非点収差のないことを保証していますが、市場には視野周辺にかなりの非点収差があるアイピースが少なくありません。アイピースの非点収差と主鏡のコマは、いずれも点像が流れるため見分けにくいかもしれませんが、非点収差を確認する簡単な方法があります。アイピースを覗きながら、ピントを前後させてみます。ピント移動で星が線状に直交すれば、そのアイピースには非点収差があります。こうしたアイピースの非点収差はパラコアタイプ2を使っても補正できないのでご注意ください。

望遠鏡の性能をフルに引き出すためにも、周辺の色収差と非点収差の補正において比類ない性能を発揮するテレビュー各種アイピースなど、高性能アイピースをお勧めします。
また、高倍率で光軸上に非点収差がある場合、放物面鏡あるいは斜鏡に原因があります。高倍率で非点収差がなく、低倍率で光軸上に非点収差がある場合、観測者の目に問題があります。低倍率では射出瞳が大きくなるのため、目の問題がより顕著に現れてしまいます。このようなばあい、ディオプトロクスをご検討ください。


パラコアタイプ2 (2"バレル仕様、可変バレル、1 1/4"アダプター標準付属)

F3のパラボラミラーまで対応できる、新設計“タイプ2”の眼視・撮影両用コマコレクターです。ニュートン反射望遠鏡の2"接眼部に差し込んで使います。

F3のニュートン鏡筒にパラコアタイプ2を使い改善されたコマ収差は、パラコアタイプ2を使わないF12のパラボラ主鏡のコマ収差量に匹敵します。

2"、1 1/4"アイピースのいずれも装着できます。可変バレルのアイピースポジションを調節することで、コマ収差補正レベルが最適化されます。

パラコアタイプ2の結像性能は、ほとんど完全な点収束なので、高倍率の観望でも、望遠鏡の性能を損なうことがありません。これは、ほかのコマコレクターに無い特性です。

可変バレルを外せば、レンズアセンブリーとしてイメージングシステムアクセサリーと組み合わせ、さまざまな撮影に対応できます。

パラコアタイプ2 (2"バレル仕様、可変バレル、1 1/4インチアダプター付) 

税込特価 66,960円




■ ビッグパラコアタイプ2 (3"バレル仕様、脱着式ストップフランジ付)

これまでのパラコアタイプ2の基本性能- すなわち「F3までの短焦点鏡に対応したコマ補正」、「全有効視野の完全な色収差補正と球面収差補正」、「拡大率1.15x」 - を受け継ぎながら、光学系のスケールを1.5x拡大したのが3"バレル仕様のビッグパラコアタイプ2です。

そのメリットは、特にイメージングで顕著にもたらされます。イメージングサークルφ52mmにより、35mmフルサイズチップを持ったデジタル一眼や、冷却CCDカメラでケラレが無く、写野周辺までピンポイントの星像を得ることができます。フランジバックも80mmと長く、フィルターホイールなど周辺機器の装着にも配慮しています。

ビッグパラコアタイプ2は、゛35mmフォーマットのイメージング"において、ニュートン鏡筒を優秀なアストログラフに変貌させます。また、ビッグパラコアタイプ2は、オプションの2"可変バレルを装着することで、パラコアタイプ2同様、2"と1 1/4"アイピースで眼視を楽しめる「フォトビジュアルコマコレクター」でもあります。

パビッグパラコアタイプ2 (3"バレル仕様、脱着式ストップフランジ付)

  税込特価 144,720円


ビッグパラコアタイプ2を使うには − 接眼部の換装と、3"規格について:
ビッグパラコアタイプ2が使える3"接眼部を装備したニュートン鏡筒が市場にないため、3"以上の接眼部へ換装することがビッグパラコアタイプ2を使う前提になります。

ムーンライト社の3.6"超大型接眼部「CXLフォーカサー」の供給がこのほど開始され、ビッグパラコアタイプ2を使用できる準備が整いました。なお、CXLフォーカサーの詳細は、ムーンライト接眼部のページに近々に掲載する予定です。

前例がない超大型接眼部CXLへの換装は、外径φ99mmのドローチューブを収める鏡筒接眼穴の拡張が必要となり、手間のかかる作業になるでしょう。また、CXLフォーカサーの最低プロファイルが110mm(取り付けベース含む)なので、2"クレイフォード式など、ロープロファイル接眼部からの換装では、接眼穴の位置変更の必要性が生じ、さらに面倒な作業になります。これをクリアできれば、取り付けベースは、鏡筒の外径にあわせてムーンライト社で製作/付属するので、簡単なねじ穴穿孔で作業は終了します。

3インチ超の大型接眼部は、イメージングに特化した鏡筒(英オライオン社のAGシリーズなどのアストログラフ)に採用例がありますが、ほとんどのばあい、その径は有効写野の確保や、専用の補正レンズ系の挿入など、光学設計から必然的に導き出されたものでした。ビッグパラコアが3"規格を採用した背景には、2"規格を超えた新たな汎用規格のムーブメントがあります。実際に3"規格のアイピースの登場もあり、機運はゆっくりと、しかも確実に高まってきています。

「ビッグパラコアタイプ2+CXLフォーカサー」は、35mmフォーマットの受光素子を超えるイメージサークルを持ち、3"規格のアイピースへのネイティブ対応など、未来を見据えた仕様です。当然、オリジナル鏡筒の斜鏡を大きなものへ変更しなければ、ラージフォーマットへの対応が不完全なことはお判りでしょう。このように、ニュートン鏡筒を知り尽くしたエキスパートユーザーのために「ビッグパラコア2+CXLフォーカサー」を提案します。


ビッグパラコアタイプ2の外観寸法図






パラコアタイプ2の結像性能

左の縦に5つ並ぶグラフは、(上から)F5、F4.5、F4、F3.5、F3のパラボラ主鏡にパラコアタイプ2を使ったときのスポットサイズ(最少錯乱円)を表します。

縦軸の単位は「ミクロン」で、スポットサイズを示します。横軸の単位は「ミリメーター」で、視野半径を示します。

グラフの黄色領域は、その上端が、それぞれのF値で決まるエアリーディスクの直径(ミクロン)を示します。

黄色領域にある右上がりの曲線は、パラコアタイプ2のスポットサイズを表しています(パラコア2は1.15xの拡大効果があるので、F値はそれぞれ
F5→F5.7、F4.5→F5.17、F4→F4.6、F3.5→F4.0、
F3→F3.45に拡大されます)。

F5から3.5のパラボラミラーでは、有効視野(φ40mm)の全領域でエアリーディスクよりスポットサイズが小さく、分解能の限界まで見分けられる「ディフラクションリミテッド」の結像性能を達成していることが分かります。F3パラボラとの組み合わせでは、約φ28mmのディフラクションリミットの視野領域が得られています。

右の縦長のグラフで急上昇している線は、パラコア未使用のF3〜F5のパラボラミラーが示すスポットサイズ(下方の黄色領域の上端がF5のエアリーディスクサイズ、縦軸の尺度は最大100ミクロン!)。このグラフから、視野中心を外れると像がすぐに拡散してしまうことがわかります。この“拡散”の原因がコマ収差です。

パラコアタイプ2は、焦点距離1200mm以上のパラボラミラーを想定して像面の湾曲を補正します。1200mmより焦点距離の短いパラボラミラーでは、コマ収差が補正される結果、像面湾曲の影響が認められることがあります。


James R. Foster氏が250mm F4.5ニュートン鏡筒 + STLシリーズCCDカメラ + パラコア(STL用)で撮影した画像です。






パラコアタイプ2、およびビッグパラコア2の可変バレルのアイピースポジション

各アイピースとの正確なマッチングをはかるため、アイピース装着時の高さを可変バレルで最適化します。

1. 2”または1 1/4”アイピースをパラコアに装着し、固定ネジを締めます。

2. 高さ調整つまみを少し緩め、以下の表に従って、外側のバレルを回転させA〜Hの指標をもとにアイピースの高さを決めます。

3. 高さ調整つまみを締めます。


指標

A

B

C

D

E

F

G

H

2"アイピース
像面距離

-10.2mm

-7.6mm

-5.1mm

-2.5mm

0

+2.5mm

+5.1mm

+7.6mm

プローセル

 

 

 

 

 

 

 

 

パンオプティック

 

 

 

 

 

 

35

41, 27

ナグラー4

 

22

 

 

 

17

 

 

ナグラー5

31

 

 

 

 

26

20

 

イーソス

21, 17

 

 

 

 

  

 

13, 10,

4.7SX *
& 3.7SX *

1 1/4"アイピース
像面距離

0

+2.5mm

+5.1mm

+7.6mm

+10.2mm

+12.7mm

+15.2mm

+17.8mm

プローセル

 

 

 

32〜8

 

 

 

40

ラジアン

 

 

 

すべて

 

 

 

 

デライト

すべて

パンオプティック

 

 

 

24, 19

 

 

 

 

デロス

14, 7.3

 

 

12〜3.5

 

 

 

 

ナグラー4

 

 

 

12

 

 

 

 

ナグラー5

 

 

 

16

 

 

 

 

ナグラー6

 

 

 

すべて

 

 

 

 

イーソス

 

6, 8

 

4.7SX
& 3.7SX

 

 

 

 

ナグラーズーム

 

 

 

3-6
& 2-4

 

 

 

 

表の解説と注意

・ 2インチと1 1/4インチアイピースは、セルを色分けして区別しています。

・ 像面距離: 最適フランジバック57mmを「0(像面)」として、その位置からの偏差を示した数字(mm)です。ポジションが同じ(たとえばA)でも、1 1/4"は2"に比べ、接眼アダプターのフランジ分だけ数字が大きくなります。

・ 眼視では、像面とアイピースの視野環を一致させます(フランジバック57mmの位置に視野環を置く)。イメージングでは、像面にイメージング素子を正確に置きます(フランジバック57mmの位置に視野環を置く)。

・“*” が付いた表中のアイピースは、付属の2"アダプターを装着して使います。

注意) 2"と1 1/4"兼用バレルを持ったアイピースでは、1 1/4"バレルの先端にフィルターを装着すると、パラコアタイプ2のリアレンズに接触します。フィルターを使うときは、パラコア2の2"バレル先端に2"用フィルターをねじ込んでください。ビッグパラコア2は問題ありません。

下図:最適フランジバックの測定基準面は、リアレンズハウジングのフランジトップです。レンズ面ではないので、ノギスを当てて精密に測距できます。






パラコアタイプ2接続チャート




パラコアタイプ2 2":規定のフランジバック(57mm:+2mm,-4mm)のとおり、イメージングシステムアダプターで撮影機器を接続した場合、像面上φ30mm(APS-Cフォーマットを超える)の範囲で約90%の光量を確保できます。また、F3のような極短焦点ミラーでは、ケラレなく撮れるAPS-Cフォーマットが最適です。

ビッグパラコアタイプ2:φ52mmのイメージサークルが確保できるので、35mmフルサイズなど、より大判のフォーマットの対応できます。


カメラを直接取り付けるアダプター


税込特価

H. アポジー U47 D2/ アダプター (光路長7.6mm)

4,968円


I. アポジー U9000/U16 D7/D9 アダプター (光路長7.6mm)

4,968円


J. SBIG STL用アダプター (光路長7.6mm)

4,968円


L. キャノンEOS用ワイドアダプター*マウント付
(光路長10.5mm)

9,936円


* アダプターの最小内径は約46mm。ほかに「標準Tリングアダプター」+「EOS用Tリング」の組み合わせでも取り付け可能ですが、内径が約36mmに縮小します。


Tリングを介して一眼レフカメラを取り付けるアダプター


税込特価

K. 標準Tリングアダプター (光路長1.5mm)

4,968円



2インチスリーブでカメラを取り付けるアダプター


税込特価

M. 2" - 2.4"isアダプター (光路長25mm)

7,560円



推奨バックフランジに調整するためのスペーサー(上記アダプターと併用)


税込特価

G. 48mmフィルターアダプター (光路長6.9mm)

4,968円


O. 1.0mmスペーサー

1,512円


P. 2.0mmスペーサー

1,512円


Q. 6.4mm延長チューブ

4,968円


R. 9.5mm延長チューブ

4,968円


S. 12.7mm延長チューブ

4,968円


T. 25.4mm延長チューブ

4,968円


延長チューブ/スペーサーセット(O,P,Q,R,S,Tの6枚セット)

19,440円



ビッグパラコアタイプ2専用アダプター


税込特価

U. ビジュアル/イメージングシステムアダプター(VISA)

15,120円

V. 可変バレル(1 1/4"アダプター付)

23,760円


■ 双眼装置ビノビューとパラコアタイプ2

パラコアとビノビューのコンビネーションで、ドブソニアンなどのニュートン光学系で、観望のダイナミズムを容易に享受できます。


まずは、ビノビューの1 1/4バレルを外し、かならずビノビュー付属のフラットカプラーを装着し、ビノビュー本体に2x合焦レンズをネジ込みます。こうすることで、2倍合焦レンズの先端がパラコアのレンズ面に接触することなく、パラコアチューナブルトップをどの位置にセットしても、パラコアのレンズをキズつけることがありません。2倍合焦レンズ先端の保護キャップは外すのはもちろん、フィルターを必用とする場合は、2倍合焦レンズの先端ではなく、パラコアの対物側に2"フィルターを装着します。


注意) ビノビューの合焦レンズには、バローレンズなどの拡大光学系を装着せずに、かならず、ビノビュー専用の2倍合焦レンズを使い、かならず、パラコアタイプ2付属の1 1/4"アダプターを介して装着してください。いずれも、パラコアのレンズ面をキズつけないための大切な注意事項です。


新たなるドブソニアン革命(抜粋)_アストロノミー誌

新型パラコアタイプ2_アストロノミー誌

見え味をあげるパラコアタイプ2_スカイニュース

テレビュー ビッグパラコアタイプ2_スカイ&テレスコープ誌