株式会社ジズコ

株式会社ジズコ

そのほか

  • アルの望遠鏡講座
  • アル・ナグラーとテレビュー
  • テレビュー・アイピースの歩み
  • 惜しげない気風
  • アイピース計算機

テレビューナグラーペッツバール TV-NP127is/NP127fli & TV-NP101is

テレビューNP127
すべてのアプリケーションで限界性能を発揮するナグラーペッツバール "TV-NP127is"
アル・ナグラーがレンズ間隔の広いダブレットを用いペッツバール(Josef Petzval)式光学系を基に、アイピース検査を目的に設計した短焦点広角屈折望遠鏡「5” F4 MPT(Multi-Purpose Telescope)」で特許を取得したのは、30年以上も前のこと。その後、1986年のハレー彗星接近のときに設計した4” F5.5鏡筒をはじめ、SDガラス、フローライト、フローライト代替ガラスなどを活用し、オリジナルのコンセプトは順調に進化を続けています。1988年発売の4” F5屈折望遠鏡ジェネシスは後郡にフローライトガラスを配し、次世代の同口径F5.4のSDFを経、TeleVue-101でよりパーフェクトな光学系に向け歩を進めました。こうして20年を経た2001年、Nagler-Petzval 101により、F5.4という短焦点設計を保つ一方、新ガラス素材を採用することで、鏡筒長をさらに短くするだけでなく、理想的な色収差補正レベルと、よりフラットな像面を実現しました。 近年、市場からはNP101の大口径版の要望を数多くいただきましたが、ただ単にNP-101をそのままスケールアップすればよいわけではなく、127mmという口径でNP101レベルの性能に到達するには、設計を根底からやり直さなければなりませんでした。最終的には、口径127mm、より短焦点のF5.2に到達しました。 TeleVue-NP127isには、オリジナルのNP127の接眼部を大きくし、減速比10:1の精密合焦装置を配備。「is」は「Imaging System」の略称で、より広範な撮影装置に対応することを意味します。さらに、互換性を高め、撮影性能を最大限に発揮すべく、さまざまな撮影アクセサリーを用意。オリジナルNP127の眼視性能はそのまま、より大きな後群レンズ、より大きな接眼部、独自の撮影アクセサリー、そのすべてがCCD撮影に理想的な要素です。
FLIカメラ専用のアストログラフ "TV-NP127fli"
テレビュー社はFLI (Finger Lakes Instrumentation) 社とチームを組み、"ターンキーベース" (他に何も加える必用のないシステム) 広写野を実現できる専用イメージングシステムを開発しました。NP127fli鏡筒のフラットフィールドで単焦点な光学系はFLI社の冷却CCDカメラ ProLine PL16803 にパーフェクトマッチ。この組み合わせにより、写野4度を超えるシャープなイメージングを実現!
NP127fli 鏡筒は、Atlas 接眼部を装着したとき、接眼部駆動範囲の中心近くで合焦する理想的な設計。また、テレビュー社の “ラージフィールドコレクター” を FLI社製 Atlas 接眼部内に配置しながらも、同社のCenterLine フィルターホイールと、ProLine カメラを装着した状態で理想的なピント合わせが可能。システム構成のすべてがFLI社のゼロティルトアダプターシステムで連結されます。さらに、NP127fli 鏡筒後部では、独自の撮像面ティルト修正機構がバックアップ。NP127fli 鏡筒はFLI社の撮影システムと実際に組み合わせ、パーフェクトな調整を確認して出荷されますが、すでにユーザーが所有する固有機材のわずかな誤差をも調整可能にします。
FLI専用撮影鏡筒"作例"
極めて広い視野と、すぐれた惑星観測性能の両方を満たす光学系に、イメージングに対応したより大きな後郡レンズと、2.4"接眼部を備えた新しいる10センチ屈折望遠鏡 "TV-NP101is"
CCDカメラの復旧により、天体望遠鏡の焦点面には、かつてないほどの高い精度が要求されます。テレビュー社のAPO屈折望遠鏡も同様の環境にあるわけですが、従来の設計を踏襲すながらも、2.4"接眼部やラージフォーマット対応の後郡レンズなど、わずかな改良を加えることでイメージングも見事にこなすツールに仕上げることができました。また、豊富なイメージングアクセサリにより、さまざまな撮影機材に対応することができます。
アル


アル・ナグラー


■ 仕 様 と 価 格

型 式 TV-NP127is TV-NP127fli 
FLI専用撮影鏡筒 作例
タイプ 4枚構成屈折望遠鏡、前後群特殊低分散レンズ、全面マルチコート 5枚構成屈折望遠鏡、前後群特殊低分散レンズ、全面マルチコート
口 径 127mm (5")
集光力 229倍 (瞳径7mmのとき)
焦点距離 660mm 580mm
F 値 5.2 5.3
分解能 (眼視) 0.9秒 (5"口径ドーズ・リミット)
解像力 (撮影) 277 本/mm
倍 率 テレビューアイピース使用時12x〜330x 無し
最大視野/細大写野 最大視野: 4度 (プルーセル55mmで12倍、
パンオプティック41mmで16倍)
最大写野: 4.3度 (対角線上53mmの素子)
接眼部 内径φ2.4”ラックアンドピニオン式
減速比10:1のデュアルスピード仕様
重 量 鏡筒のみ 6.5kg、ハードケースを含む 12.7kg 鏡筒のみ 7.1kg、ハードケースを含む 13.3kg
全 長 鏡筒のみ 838mm 鏡筒のみ (FLI製品を除く) 909.3mm
標準付属品  ネジ込み式レンズキャップ、スライディングフード、スリーブ固定ネジ付き2.4"接眼部、アイピース・アダプター収納穴付きハードケース、2”アクセサリーアダプター、イメージングシステムアダプター ネジ込み式レンズキャップ、スライディングフード、ハードケース● 非標準付属品: Finger Lakes Instrumentation (FLI) Atlas focuser、FLI CenterLine filter wheel、FLI ProLine cameras_ProLine PL16803
価 格
TV-NP127is O.T.A. (鏡筒のみ) 税込特価 912,593円  
注文



型 式 TV-NP101is
タイプ 4枚構成屈折望遠鏡、前後群特殊低分散レンズ、全面マルチコート
口 径 101mm (4")
集光力 208倍 (瞳径7mmのとき)
焦点距離 540mm
F 値 5.4
分解能 (眼視) 1.1秒 (4"口径ドーズ・リミット)
解像力 (撮影) 260 本/mm
倍 率 テレビューアイピース使用時10x〜281x
最大視野 (眼視) 4.9度 (プルーセル55mmで10倍、パンオプティック41mmで13倍)
接眼部 内径φ2.4”ラックアンドピニオン式、減速比10:1のデュアルスピード仕様
重 量 鏡筒のみ 5.5kg、ハードケースを含む 10.5kg
全 長 鏡筒のみ 660mm
標準付属品  ネジ込み式レンズキャップ、スライディングフード、スリーブ固定ネジ付き2.4"接眼部、アイピース・アダプター収納穴付きハードケース、2”アクセサリーアダプター、イメージングシステムアダプター
価 格 
TV-NP101is O.T.A. (鏡筒のみ) 税込特価 539,000円   
注文


TV-NP127is と TV-NP101ist の標準付属品と接続チャート

TV-NP127is

TV-NP101is
is鏡筒は、専用のイメージングシステムアクセサリーを組み合わせることで、さまざまな撮影機材を装着して、広範な撮影ターゲットに対応します。また、一般的な2"アクセサリーにも対応しているので、豊富なテレビューアイピース群をはじめ、さまざまな2"アクセサリーにも互換性をもって使えます。is鏡筒は撮影・眼視とも、最高の性能を発揮します。
オプションアクセサリー 税込特価
C. 2インチエバーブライトダイアゴナル1 1/4インチ接眼アダプター付 45,100円
28,600円

イメージングアダプター (⇒ 参照ページへ) 税込特価
E. ラージフィールドコレクター(大型視野平坦化レンズ、35mm判をカバー)
39,600円
F. 0.8xレデューサー(イメージサークルφ27mm、APS-Cサイズまで)
48,400円
G. 48mmフィルターアダプター 5,060円
H. アポジー U47 D2/ アダプター 5,060円
J. SBIG STL用アダプター 5,060円
K. 標準Tリングアダプター 5,060円
L. キャノンEOS用ワイドアダプター、マウント付 10,120円
M. 2" - 2.4"isアダプター 7,700円
O. 6.4mm延長チューブ 5,060円
P. 9.5mm延長チューブ 5,060円
Q. 1.0mmスペーサー 1,540円
R. 12.7mm延長チューブ 5,060円
S. 2.0mmスペーサー 1,540円
T. 25.4mm延長チューブ 5,060円
延長チューブ/スペーサーセット(O,P,Q,R,S,Tのセット)
19,800円

オプション

鏡筒バンド ※ 別売のGPアダプターを装着できます。

127専用鏡筒バンド
税込直販特価 40,700円

4"鏡筒バンド
税込直販特価 25,300円
リング式4"鏡筒バンド
税込直販特価 39,600円
NP101is & 127is共通オプション
・イメージングシステムアクセサリー:
⇒ 詳細は「接続チャート」下の「オプションアクセサリー」を参照。
2"エバーブライトダイアゴナル、・ 各種接眼アダプター、 ・ スタービーム、 ・ GPアダプター、 ・ ロスマンディー「DUP」
フォーカスメイトドライバー オプション
電池内蔵式ハンドコントローラを介してモーターフォーカスを実現。反転はもとより、微妙な速度調整をしながら合焦が可能です。付属の専用アダプターにより、モーターの駆動ヘッドを、接眼部の微動ハンドルに接地させます。モーター駆動は簡単に非連動にできるため、手動・モーター駆動を好きな時に切り換えることができます。
イメージングにおすすめのアップグレード
ムーンライト CFL接眼部(ステッパーモーター仕様)
美しい木製経緯台・ ジブラルタルマウント
テレビューの木製三脚
おすすめマウント:TV-NP101is
・手軽に観望できる自動導入経緯台 → アイオプトロン AZ Mount ProI経緯台
・観望から撮影までオールマイティーに楽しめる → ロスマンディー GM8赤道儀
・本格的な撮影にチャレンジできる → アイオプトロンiEQ45 Pro赤道儀
MiniTowerII装着プレート → ロスマンディーVUP4
GM8,iEQ45Pro装着プレート → ロスマンディーDUP
おすすめマウント:TV-NP127is
・観望に専念できる自動導入経緯台 → アイオプトロン AZ Mount ProI経緯台
・観望から撮影までオールマイティーに楽しめる → アイオプトロンiEQ45 Pro赤道儀
・本格的な撮影にチャレンジできる → アイオプトロンCEM60赤道儀
・「Made in USA」最高の組み合わせ → ロスマンディーG11赤道儀
マウント装着用プレート → ロスマンディーDUP



is鏡筒におすすめのオプション観望アクセサリー
is鏡筒は、撮影を主目的として設計されていますが、ナグラー・ペッツバールは撮影だけの光学系ではありません。幅広い倍率を駆使し、さまざまな対象の観望に、口径の限界性能を発揮します。生の宇宙ならではのリアリティーをぜひ体験してください。
イーソスアイピース生の宇宙に飛び込める!
「ナグラー・ペッツバール」のルーツは、ナグラー自身が開発した超広角フラットトフィールドアイピース(旧ナグラー)のテスト用望遠鏡(口径5インチの「MPT」)として設計・制作したことにあります。
時代は流れ、超広角アイピースも大きな進化を遂げ、見掛け視界は82°から100°(SXは110°)へと、さらに拡張し、その結像性能は、対物系のさまざまな収差が簡単に判別できるほどになっています。
現代の最高性能アイピースとの評価が定まった「イーソス」を、第六世代の「ナグラー・ペッツバール鏡筒」で使うことで、それぞれの光学系が理想的な相乗効果を発揮し、「望遠鏡で見る宇宙」の、ひとつの究極が眼前に展開します。
ビノビュー (2x合焦レンズ併用)両目で見る宇宙はスペースウォーク感覚!
口径127mmのNP127isをビノビューで見ると、光量損失を加味しても片目に約85mm口径に匹敵する光量が届きます(分解能は口径127mm)。メシエ天体は当然として、系外星雲もねらえる光量です。また、2x合焦レンズを併用して焦点距離1320mm(最大実視界1.2°)。余裕のある視野でディープスカイ天体をとらえることができます。双眼視による視力向上効果は、とくに面積を持った対象で顕著に実感できるので、月惑星をはじめ、星雲状のディープスカイ天体でも、想像以上によく見えます。もちろん、スペースウォークの感覚を体感できるのも双眼視なればこそ。さらに、イーソスシリーズの100°を超える視界は双眼観望には最高の組み合わせです。
ビノビューの効能など、詳細についてはこちらを。
■ TV-NP127fli の標準付属品と接眼FLIカメラート
TV-NP127fli + ハードケース
Finger Lakes Instrumentation (FLI) Atlas focuser、FLI CenterLine filter wheel、FLI ProLine cameras_ProLine PL16803 を接続したTV-NP127fli


NP127火星
火星
photos by Neil Fleming
タカハシNJP赤道儀
ToUcam proII
パワーメイト5×&2.5×
NP127M101M101photos by Neil Fleming
NP127M27M27photos by Neil Fleming

(株)ジズコ

東京都渋谷区恵比寿4-4-2 クレスト恵比寿1101
〒150-0013 Tel 03-5789-2631 Fax 03-5789-2632
e-mail sales@tvj.co.jp
このサイトに対するご意見ご感想をお待ちしています

ページのトップへ戻る